読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就業後のライン

就業後にラインで業務連絡するのはアリですか?ナシですか?

 

ケースバイケースですが、先ずは私の理由。

 

<アリ>

○翌日休むときの「あれとそれには気を付けてね」みたいな思いやり連絡。

○今日はこんなんでした。みたいな日誌的な連絡。

○明日コレ持ってきてねー‼って忘れ物防止の連絡。

 

<ナシ>

○しつこい注意

○アレがない、コレがないって場所をきく

○グループトークでのだらだらした会話。

 

どれにも共通するけど、レスポンスが短くて済むならどんな連絡でも許容範囲かな?と思う。

 

逆に、良い内容でもなかなか終われないなら無し。

ミスの注意や、お叱りの連絡は急がないなら直接言って欲しい。なぜラインというツールを選択したのか理解できない。

 

この話をすると、年輩の世代にはウケが悪い。連絡して何が悪いんだ‼という感じ。

便利なのにライン使って避難されるのは何でだ‼仕事の話しは大切だろう‼とも。

 

年輩世代は仕事しか大切な物がないのか。

 

若い世代に聞くと、仕事しかない子は嫌悪しないよう。趣味があったり、お友だちの多い子は私以上に連絡されたくないと思ってる様子。

帰宅してまで話す事ない‼連絡はデスクにメモでよし‼という気持ちらしい。

 

でも連絡来たら返さなきゃいけない。

電話で言うほどじゃない事をわざわざラインで既読機能を使ってまで読ませたいのは自己満足だよね。

 

これ、仕事以外にも当てはまるの。

習い事とか、研修での意識高い系のモチベーション上げる連絡。

 

上司や講師という立場の人は少なくともレスポンスが短くて済むように工夫して欲しいなぁ。

たまには「ランチに食べたコレ美味ーぃ!」みたいな写メで、和ませる工夫で殺伐としないように気を配って。

皆が同じくらいのモチベーションな訳ないから!